i-mobile
空飛ぶライオン丸あんちゃんのおすすめ携帯動画

[新着人気サイト]
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.仲里依紗
2.いしいしんじ
3.エスプガルーダII
4.Bloodhound
5.ZAN
6.irony
7.フルーツバスケット
8.ドッチメチャ
9.W650
10.リトルプリンセス マール王国の人形姫2

i-mobile
girls☆ranking
タルコフスキーとルブリョフ −−伊勢丹前の新宿文化劇場で『アンドレイ・ルブリョフ』を見たのは一九七四年(昭和四十九)年十二月八日でした。戦中派の私にとっては、日本がハワイ真珠湾の空襲を開始した日に当たっていたことと、翌日、田中内閣に代わる三木武夫内閣が成立したことで記憶に残っているのです。ああ、もう二〇年もたったのかと、おどろきを禁じえません。(本書273ページ「あとがき」より)−−
 本書の著者落合東朗(おちあいはるろう)氏は、1926年北海道に生まれ、1945年7月、満州のハルビンで関東軍に入隊、シベリアに抑留された後、帰国して早稲田大学でロシア文学を専攻した著述家である。氏は、ロシア正教に関心を持ち、ロシアのイコン(聖像画)に魅了されて居たと、本書の「あとがき」に有る。本書は、その落合氏が、タルコフスキーの傑作『アンドレイ・ルブリョフ』(1966年)の内容をシナリオに照らして検証しながら、当時のソ連の体制から考えれば驚くべき内容の作品であったこの傑作が撮影、製作された際の舞台裏を述べ、検証した研究書である。
 本書を読んで興味深かった事の一つは、『アンドレイ・ルブリョフ』が撮影、製作されるに至った背景に、文芸界の自由派を批判した事で知られるイリイチョフ氏が、この作品の撮影にゴーサインを出した張本人だったと言ふ逸話であった。(本書93−94ページ参照)『アンドレイ・ルブリョフ』の中の科白通り、「ロシアは不思議の国」である事を痛感した。

(西岡昌紀・内科医/タルコフスキーの命日に)

1.3.8.

カッチョイイ!!

かっこいいデス系CDは

DisgorgeのForensickだけかなぁと思ってたら、このアルバムもすげぇ。

ブルデスのツートップ決定!!

監督はカンコプかな?

ダジャレではないですよ(笑)。

-1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」~ 新しさはなかったです。アンソニーロビンズやジグラーの書物を読めば足ります。日本人であれば前から石井裕之さんがもっと細かく実践的なことを書いているので今更って感じがします。1063人 41% もウーンッて感じます
☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆画像の森◆

today:003 yesterday:031
TOTAL:14235