i-mobile
オリエンタルライト兄弟ブンくんのお笑いムービーリスト

★imodeBEST100★
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.緒方てい
2.那須田淳
3.拝郷メイコ
4.YOUR
5.勝利の女神
6.ガンモ
7.ギル・メッシュ
8.シムーン
9.ダイの大冒険
10.バーバー

i-mobile
girls☆ranking
FINAL FANTASY XI  現実の世界では得難い仲間との一体感を味わえるゲームである。
特定の仲間がいなく見知らぬ人と組んだパーティであっても、少なくともその時間は共通の利害を持つ仲間である。
それぞれがベストを尽くすことによって、経験値を効率よく稼ぐことが出来き、仲間との連帯感を一時的ではあるが味わえる。

 残念なのは自分勝手に個人の楽しみばかりを追うばかりに、団体行動が出来ずに迷惑を掛けてしまうユーザーもいることである。PS2でも同タイトルで発売され、低年齢ユーザーも多いことがその原因であろうか。

 見知らぬ人から受ける親切や、友人との友情に感動することもあるが、裏切りや妬み、嫌がらせを受けるなど、現実世界と同様な問題もある。そうした面を全て受け入れられる大人向けのゲームであろう。子供にはいろんな意味でお勧めはできない。


BURRN ! (バーン) 2007年 11月号 [雑誌] 海外・国内(主に海外)のメタルアーティストを取り扱った雑誌、BURRN!は実良い雑誌っす。
お子さまの時から少々メタル好きであった俺はBURRN!と出会ってから益々メタル好きになりました。
この雑誌と出会えて嬉しかったです。この雑誌と出会えて好きなアーティストの範囲が広まりました。

BURRN ! ( バーン ) 2010年 03月号 [雑誌]  来日直前! AC/DC特集です!
 最新インタビューetc はありませんが、
「Live回想」(1981年・初来日公演、1982年・来日公演、1991年・ドニントン、2001年・来日公演)から、
「AC/DCヒストリー & 作品」まで、過去〜現在のAC/DCを、一気に読めます!
 そのボリューム。。。なんと、22ページ!です。

 他は、
GAMMA RAY (Kai Hansen, 新作「トゥ・ザ・メタル」について)
CREED (Scott Stapp, 新作「Full Circle」について)
WIG WAM (Teeny, Glam, 新作「ノン・ストップ・ロックンロール」について)
ROYAL HUNT (Andre Andersen, 新作「X」について)  etc

 Live Reportは、 M.S.G., DIR EN GREY, FIREFEST 6 etc
 特集は、「スラッシュ・メタル BIG 4」「ブラック・メタル」
 クロス・レビューは、先述のGAMMA RAY 「トゥ・ザ・メタル」です。

 ド迫力バンド・AC/DCが、これだけあると。。。私には、他の記事がかすんで見えました。(笑)
 「BURRN!」というより、「METALLION」的な感じもします。(他バンドのファンの方・ごめんなさいね〜)

 そんな中、「お! おお!?」と反応したのは、「Lips (ANVIL)のポスター」!!!
 いつの間にか、ANVIL来日決定ですね♪

 AC/DC! Live参戦できる人は、絶対に行ってください!
 行って後悔することは「無い!」
。。。けど、行かないと「。。。」です。(2001年の私です。数年ぐぜりましたね・笑)
 単独公演ですが、「ロックフェス級の濃度を持ったLive」になると思います。
 

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆画像の森◆

today:019 yesterday:015
TOTAL:105692