i-mobile
空飛ぶパイソンうんくんのあっさり動画王国

★imodeBEST100★
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ぶぶチャチャ
2.鹿児島
3.エキサイト着メロ
4.ぽぽたん
5.ベンツ
6.志水アキ
7.中丸雄一
8.ケロケロキング
9.魔法のiらんど
10.花井メイサ

i-mobile
girls☆ranking
Giuseppe Verdi: La Traviata (Live from La Scala, 2007) [Blu-ray] [Import] ブルーレイの映像は本当に綺麗です。

ゲオルギューは確かに、あの頃よりも老けていますが(それでもやはり美しい!)
歌はこちらの方が格段に好きです。
ヴァルガスのアルフレードも情熱的でよかったです。

日本語字幕の訳はとてもシンプルですが、問題は無いです。
是非オペラ&ブルーレイの映像体感入門に一家に一本いかがでしょうか〜?
お勧めです♪

惡の華(3) (少年マガジンコミックス)
この巻ではにわかに仲村の存在感が増します。

これまでは、春日の佐伯クンへの恋愛物語、と見せかけてきた「悪の華」ですが、
実は仲村と春日の恋愛の物語ではないのか!? と感じさせるのがこの巻です。

確かにこの巻の佐伯は健気で情熱的ですが、なんか嘘くさい感じがします。
理想的な恋愛像を作り上げて、それを演じて酔っているという印象なのです。

それに対して、いままで容赦なく春日をいたぶっていた冷酷無比の仲村は、妙に人間くさくなってきます。
これまでもふとした拍子に、闇の内面の存在をちらりと覗かせてきた仲村ですが、この巻ではそれが正面から描かれています。

勿論、まだ仲村が何を考えているのか、どういう奴なのかははっきりとは分かりません。
しかし、現実のくだらなさにいらだち、どうしようもない憤りをため込んでいることは明らかです。
春日は仲村のいたぶりを真正面から受け止めていますが、それが彼女の救いになっているようです。

仲村は、自分の内面世界を自覚し、世間の嘘くささをはっきり見て取り、それに復讐するポジの存在ですが、
春日の方は、そのことに気づいていないだけで同じ世界を共有しているネガの存在だといえます。
そしてこの二人を仲介して、二人がどういう存在なのかを明らかにするのがいわば現像液としての佐伯さんです。
だしに使われる佐伯さん、かわいそう!?

二人の関係を恋愛といっていいのかどうなのか、その辺は微妙で、むしろ同志と言うべきかもしれません。

確かに誇張された形で描かれ、それに目を奪われると見えるしらける作品ですが、
実際には、誰の心にも澱んでいる暗いエネルギーを取り出して見せた異色のシリアスドラマだと
私には思えます。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(4)<完> (KCデラックス) このコミック版seedデスティニーは、ボンボンで連載されていたものです。アニメがひどかった事もあり、たいして期待してはいなかったのですが、読んでみて驚きました!良かった点を挙げると、、
1.シンの視点のみで話が進むのでわかりやすい。(彼が何に苦しんでいたのか良くわかる)
2.戦闘シーンの迫力。(私が読んできた中では間違いなく一番。ときた洸一氏より遥かに上手。)
3.シンとアスランの最終決戦。(キャラクター性がとてもよく活きている) 1より、キラ、ネオの活躍は殆どありません。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆画像の森◆

today:018 yesterday:047
TOTAL:27184