i-mobile
鈴木貴公子お~くんのスペクタクル携帯動画

girls☆ranking
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.梅垣達志
2.フル・モンティ
3.くら☆りっさ
4.古井由吉
5.スティーヴ・ライヒ
6.花のイマージュ
7.東急電鉄
8.雲の上の青い空
9.綾瀬はるか
10.冷たい月

i-mobile
★imodeBEST100★
ムービー・マスターピース GOEMON The Movie 1/6スケールフィギュア 霧隠 才蔵 五右衛門も購入していたのでライバルである才蔵はやはり外せません。商品のできはさすがホットトイズといったところで文句なしです。映画、五右衛門のファンは購入しても損は無いでしょう。
TVアニメ「らき☆すた」2クール目エンディング集「白石みのるの男のララバイ」 13話あたりからでしたかね、白石さんが実写でエンディングにでるようになったのは。
はじめはこれはwwwみたいなかんじで、視聴者のノリもよかったのですが、
次の回も白石、また次の回も・・・となり、とうとうこんなCDまで出てしまいました。
これは、さすがにやりすぎなんじゃないかなあと思います。
白石さんというより、京都アニメーションが暴走しているのではないかと。
3度目のEDなどでも、白石さんががんばって(笑)歌おうとしているのに、
からかって終わりという、なんとも言えないものでした。
見ていて自分は白石さんがかわいそう・・とも思ったり。
このCD以外にもアニメ中で出てきた歌をそのまま発売など、
アイディアはいいのかもしれませんが視聴者がついていけなくなるレベルに達している気がします。
白石さんはこれからも頑張ってほしいですけど、京都アニメーションはもう少し慎んだほうがいいと思います。

デリカテッセン <デジタルニューマスター版> [DVD] まず人間を食用としているところが、「ソイレントグリーン」ですね。
あっちの方が最後に事実が明らかになるのに対して、これは初めから現実であることを表現しています。地底人がいいですね、まともな菜食主義者なのに悪党として、地上の人から迫害をうけている。アメリカとフランスのちがいですね。ラストの近くで主人公とヒロインが危機を脱出するときのシーンは「新動く標的」からの引用でしょうか。最後まではハラハラドキドキとします。持ち主の思いのままに動く投げナイフが効果的に使われています。処女作でこれほど完成度の高い作品とは、ジャン=ピエール・ジュネ監督は天才ですね。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
[新着人気サイト]

today:006 yesterday:006
TOTAL:67957