i-mobile
カスピ海のゴールデンと~ちゃんのおもしろ時事評論

◆画像の森◆
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.小川哲男
2.高河ゆん
3.太田光
4.ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊 赤の救助隊
5.佐々木淳子
6.森田高
7.オダワラハコネ
8.待ち受け
9.ヤフオク
10.中川勝彦

i-mobile
[新着人気サイト]
眠れなくなる宇宙のはなし 「インフレーション理論」を提案した世界的権威が著者です。語り口はソフトで、田舎町の優しい校長先生が、子供に「宇宙ってこんなに楽しいんだよ」と語りかけるようです。「眠れなくなる〜」というタイトルにあるように、眠る前に1章ずつ読むベッドタイムストーリーになっています。夜読めるように消化によい語り口です。

BUMP OF CHICKENがあったり、ルネッサンスがあったり、ギリシア神話があったりと、楽しく分かりやすい内容です。ギリシア時代の哲学者からの天文学から現代の宇宙論まで、どのように考え方が進化したかを説明しています。
 私がこの本を選んだ理由は、日経サイエンスでよく宇宙のことを特集するのですが、さっぱり理解できず、「宇宙論について、なにか分かりやすい入門本を」と探していました。これを読むことで、簡単な超ひも理論や宇宙の起源、ダークマターなどをつかむことができました。これをとっかかりに、もうちょっと勉強したいと思います。

もっとあぶない刑事 VOL.1 [DVD]  この第1巻のオススメは・・・「争奪」という回です。これは面白いかと思います。しかし「多難」「攻防」「閉口」「奇襲」は「どうか・・・」と思います。だから星四つ。
サンティアーゴ タイトルから想像されるとおりチリ~スペインに至る移民・音楽がテーマ。スペインのガリシア地方にも伝統のバグバイプがあるそうで、この伝統の音楽を前面にフィーチャーしている。とはいえ、ライナーノーツの説明を見るまでまったく分からなかった。全曲がチーフタンズらしい音に仕上がっていたからである。

チーフタンズといえば、異分野のアーチストとの共演や実験的取り組みが多く、彼らだけによるアルバムは最近は意外に少ない印象がある。このアルバムもまさに他アーチストを招き、スペインの音楽に取り組む「他流試合」的なものなのだが、ここではその「他流」がチーフタンズのバックボーンであるケルト音楽に近いもののせいか、まったく違和感なく、むしろチーフタンズそのものの音になっている??ダンサブルな曲からしっとり聞かせる曲までバグパイプの音が鳴り響き、「チーフタンズらしい音」が欲しいときにはまさにぴったり。最後の曲「ダブリン・イン・ヴィーゴ」はアイリッシュパブでのライブ録音。黒ビールを飲みながらライブに一緒に参加しているかのような、楽しい雰囲気が楽しめる。


☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
girls☆ranking

today:004 yesterday:022
TOTAL:71815