i-mobile
ファイナルクロマティゴンちゃんのきっちり動画一覧

★imodeBEST100★
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.麻宮騎亜
2.奥野敦子
3.久世光彦
4.箕輪はるか
5.GREE
6.IMALU
7.紙ふうせん
8.Edguy
9.こんにちは赤ちゃん
10.Missing Blue

i-mobile
◆画像の森◆
キン肉マン ザ・ドリームマッチ これは…。キャラがチマチマしていて小さくて、大味極まりないゲームだった。

正直、ああやっぱりか、と思ったね。

昔からキン肉マンのゲームで、ゲームとして面白かったものなんてなかったから。

らしいといえばらしいゲーム。

ゴールデン☆ベスト ザ・タイガース 1960年代後半、日本の音楽シーンはグループ・サウンズ・ブームに席巻されていました。様々なグループが群雄割拠とでも言うべく覇権を争っていましたが、ザ・タイガースの人気は当時まさしく1番でした。

ジュリーこと沢田研二はまだルックス優先でしたが、甘いヴォーカルは魅力的で、70年代後半に日本のトップ・シンガーに踊りでた片鱗をすでに見せており、「僕のマリー」「モナリザの微笑」「君だけに愛を」「銀河のロマンス」というヒット曲は、今聴いても若さ特有の甘美な魅力が感じ取れます。

トッポこと加橋かつみの高音を活かした独特のヴォーカルは異才を放っていました。「花の首飾り」は当然ですし、「廃虚の鳩」でのどこか哀愁が漂う歌唱は、全く色褪せていません。ただ、難をいえば、ハーモニーが乱れることと、リコーダーの音程がふらつくことを知りました。昔はそんなことも気にせずただただ聞き惚れていたのですが。

タローこと森本太郎が作詞作曲した「青い鳥」は名曲だと思います。1968年12月という人気に蔭りがみえた頃の作品ですが、しっとりとした良い雰囲気を持っています。

ビージーズが作った「スマイル・フォー・ミー」は大好きな曲で、大人の歌唱ですね。
ラストの3曲は再結成した時のシングルです。歌唱もハーモニーも安定しており、流石にキャリアを積むと音楽の深みが違います。ジュリーとトッポのヴォーカルが冴え渡っています。

サリーこと現岸部一徳の名優ぶりは見事ですし、弟の岸部シローのその後も良く知られていますが、ピーこと瞳みのるが解散後完全引退し、慶應の大学院に進み、中国文学の学位を持ち、教育者として活躍されている姿に感動しています。

リーフレットには、18枚のシングル・レコード・ジャケットが掲載されていますし、土龍団、小野善太郎各氏の解説には詳しいエピソードが書かれてあり、興味深く読みました。

Yes! プリキュア5GOGO 全員しゅーGO! ドリームフェスティバル 私の妹の子供(女の子)は小1の分際で(笑)DSライトのピンクを所有しており、ソフトも5本持っています。その子が、このゲームいくら頑張ってプレイしても、9番目のお話しの敵キャラが倒せないので、私が代わって以降ラストまでクリアしました。疲れました…しかし楽しかったです。一番使いやすいキャラは個人的にはアクアですかね。
☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
[新着人気サイト]

today:009 yesterday:021
TOTAL:5796