i-mobile
豪腕暴れん坊まんちゃんのお気に入り動画倉庫

[新着人気サイト]
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.世界で一番熱い夏
2.眠田直
3.緑茶
4.DSPメディア
5.まちgoo
6.揺れる想い
7.完顔阿骨打
8.ラングリッサーIII
9.2nn
10.高橋和希

i-mobile
girls☆ranking
潜入捜査 (実業之日本社文庫) ミステリーというか冒険小説というか刑事ものでもないし、まあ全ての要素を持った作品
同じシリーズで3冊同時に買っても後悔しませんでした。
主人公が強いのが良い。

南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史  名作! かつての空気を入れる「空気嫁」の時代から、現在のシリコン製の本物そっくりのダッチワイフ/ラブドールまでの歴史をたどり、ほとんどコスト度外視の情熱を傾けてリアルさを追求するメーカーたちに詳細なインタビューを敢行。一方でその買い手にも話をきいて、その魅力の源泉を探る。しょせんは代用品のはずなのに、それが実物をも越える奇妙な魅力を漂わせはじめる変な世界をきっちり描き出す。興味本位で終わらず、人の情熱や性について読む者にふと考えさせる、よい一冊。ただし公然と読むのはちょっとはばかられるが……
トラウマ映画館 映画とは覚めるとわかって見ている夢のようなものです。
私たちが怖い夢を見ることがあるように、映画の中にも悪夢が混ざり込んでいます。
最初から期待して観た悪夢もあれば、期せずして遭遇してしまった悪夢もあるでしょう。
悪夢から解放された後の気まずさはそれぞれですが、大抵の場合「まあどうせ作り話だし」と私たちは自分を納得させているわけです。

しかし町山智浩はそんな悪夢を夢のままで終わらせてくれません。
映画の中で表現された悪夢が、紛れもなく現実の一部分であることを私たちに突き付けるのです。
本書で語られる救いようのないストーリーが世の中の真実の一片を伝えていると知ったとき、単に映画を見たというだけでは済まされない後味の悪さが残るでしょう。

本書で紹介される映画は残酷なまでに人間の「ある特定の真実」を切り取ってみせた映画です。
このような映画を観ることは、自分の中に鬱々とたぎる醜い感情を客観的に認識するきっかけにもなります。
私たちは地球を救ったり、悪の組織に立ち向かうことがない代わりに、やり場のない怒りを抱え込んだり、説明できない嫉妬をたぎらせたり、忘れ去ることのできない悲しみにくれたりします。
格好良くありたいと願うけれど、実際にはむしろ不細工な生き方をしているのが私たちです。
自分の格好悪さを認めることで、自分のあるべき姿が見えてくるのかもしれません。
町山氏も、やりきれない映画の中に自分自身を見つけた切ない心情を本書で吐露しています。

読んだ後に気が滅入ってしまう本ですが、不思議とお気に入りの「トラウマ映画」を見つけたくなります。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆画像の森◆

today:005 yesterday:017
TOTAL:0562