i-mobile
南極の遊撃手ゆ~くんのスペクタクル携帯動画

girls☆ranking
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.詩子
2.吉田聡
3.ボブ・サップ
4.ハビエル・バルデム
5.風の街
6.ITパスポート
7.トレマーズ3
8.高町なのは
9.羽賀研二
10.スマートフォン

i-mobile
◆画像の森◆
Otome continue Vol.4 この雑誌のコアなファンには申し訳ありませんが、木皿泉さんの対談を読むためだけに購入しました。
対談相手の羽海野チカさんについては名前を存じ上げているだけです。

話の中心は、木皿さんがこれまでに書いてきたドラマです。近作の『Q10』に関する話が多いですが、『すいか』などほかのドラマのことにも触れられています。ドラマのプロデューサーとのやり取りなどについても書かれており、ドラマの脚本がどのように作られていくかが分かります。『すいか』と以降の作品にある微妙な「差」を理解するのにも役立ちます。

なお、ご存知の方もおられるでしょうが、木皿さんは夫婦二人のペンネームです。この対談では、それぞれ仲間内で呼ばれるニックネームでお話しをされていますので、実際は鼎談になっています。

追記
対談だけを読んで上記のレビューを書いたのですが、対談とは別にプロデューサーの河野英裕さんのインタビューも掲載されています。お二人(三人)が、『すいか』以降、ドラマを作るためにいかに苦闘してきたのかがよく分かります。また、プロデューサー主導によるドラマ制作ばかりになる弊害に関する発言には本当に共感しました。

acer Aspire one AOHAPPY-A51B シリーズ 10.1インチWSVGA液晶 ネットブック キャンディ・ピンク AOHAPPY-A51B/P リビング、寝室などでのネットブックとして購入。ipadも検討したが、価格面、汎用性の高さからこちらを選択。パソコンとして不自由はなく利用できている。電池の持ちの良さ、軽さも◎。ネットブックとして欠点らしいものは見当たらないが、タッチパッドは触った感触がボディパネルに近く、動かないと思ったらタッチパッドに触ってなかったなんてこともあります(慣れの問題でしょうか)。
コストを考えたら満足度は高い。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray] 放送五話まで見て無性に続きが気になり、先の表題になるわけです。 小説と言うと自分はSFか推理小説位しか読んだことがなく(オタクにも色々いるんですよ・苦笑)しかも小説自体約10年ぶり位に読んだので最初ラノベは取っ付きにくい、というか戸惑いましたがすぐに馴れました。 結論から言いますと「すげー面白い!」(ボキャブラリー無くてスミマセン)とにかくキャラがイキイキしてます! また、アニメも負けず劣らず素晴らしい出来! よく「アニメはモノローグ部分が削られて心情が分かりにくい」と評されてますが、そこが“映像”と“文章”との表現の違いだと思います。小説は事細かに説明しないとなかなか伝わり難いですが映像はちょっとした仕草や表情、そして声優さんの演技力が加わる事である程度説明を端折っても伝わる事があります。「行間を読む」って言葉がありますが、アニメは演出と演技力でそれを実現します。まさにそこが映像と文章の違いです。そしてこの作品はそれが非常によく機能していてとても丁寧に作られているのが伝わりました。ジャンルこそ違いますが「ガンダムUCもそこが映像化の肝だ」と原作者の福井晴敏氏も語っています。両者はジャンルは違いますがとても真摯にそれを体現した凄い作品です。実は萌は苦手でした(オタクの道に入ったのは初代ガンダムから)が良いものは良いです。妙な偏見を持たず素直に見て良かったと思えました。
☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
[新着人気サイト]

today:024 yesterday:051
TOTAL:79588