i-mobile
下町の回転レシーブキングちゃんのお笑い動画一覧

[新着人気サイト]
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.スマートフォン
2.ニャンダーかめん
3.鈴木秀美
4.ゲッターロボ號
5.原のりこ
6.及川奈央
7.小児がん
8.2nn
9.井上紀良
10.新ジャングル大帝

i-mobile
★imodeBEST100★
乱暴と待機 (MF文庫ダ・ヴィンチ) 本谷有希子の小説はすべて読んでいますが、この『乱暴と待機』は特に好きな作品です。
基本的にはどの作品にも、えてして自意識が甚だしく肥大した、至極めんどくさい、
極力ともだちにはなりたくない人々(特に女)が出てきます。

この作品の主人公・奈々瀬は、人に少しでもイラつかれることを恐れるあまり、
常に人の顔色を伺っては「エヘヘ」と(本当に言葉に出して)愛想笑いしてしまうような、
膀胱が破裂寸前なのに会話の途中で「ちょっとトイレに」と言い出せず失禁してしまうような、
友達の彼氏とも、誘われれば断れず寝てしまうような、これまた何とも生きにくそうな女。
そんな奈々瀬と同居している「お兄ちゃん」こと英則も、非常にややこしい人物で…(笑)

物語は、ある日、天井板の一部がはずれているのを発見した英則が、「妹」こと奈々瀬を天井裏から覗き見ることを思いつく……
というところから始まります。
「これでは変態ではないかっ」と自問・葛藤するも、「ねずみがいるっぽいから、どうにかしなきゃだよね」と奈々瀬が言っていたのを思い出すと「この事態は、あの女(奈々瀬)の自業自得だ」という独自の理論を展開し、サクッと変態の境界を越えます。
そしてさらに読みすすめていくうち、理由は明かされないままにどうやら2人が「復讐する側→兄」「復讐される(復讐を待っている)側→妹」という関係にあることがわかってきます。
しかし、この物語の肝は、じつは復讐の理由にではなく、2人の関係性にあります。
やがて、この2人の(閉じた)世界は、英則の職場の後輩・番上とその彼女・あずさの介入によって、変質していくのですが──

読み手として共感できるのは、しいていえば「あずさ」くらい。「兄」と「妹」の関係は、
さすがにいい歳してこんな奴ら居ないだろうというほどに奇異。
けれども、後半! 二段ベッドの上と下でその「兄」と「妹」が「嘘の会話」をかわすのですが、このシーンは舞台を見た時も、本を何度読み返しても、あまりに切なく、いつも泣けてしまいます。ほんとうに、すばらしい。

「屋根裏から覗き見」という設定から、乱歩の『屋根裏の散歩者』のようと言われることが多いようですが、私は本質的には谷崎の『鍵』のほうが近いのではないかと思います。
あと、装画がヱヴァンゲリヲンの監督・鶴巻和哉なんですよね。かなり乱暴な言い方かもしれませんが、「世界系」ということで言えば、ヱヴァと本作は共通する点があるようにも(少なくとも、私はどちらも大好きな作品です)。

来年の秋くらいに映画が公開されるようですが、「兄」が浅野忠信で、「妹」は美波だそうです(他のキャストは、小池栄子と山田孝之)。
そして、監督は『パンドラの匣』『パビリオン山椒魚』の冨永昌敬!(相対性理論の『地獄先生』PVなども撮っている方ですね)。
個人的には、ものすごく期待大な顔ぶれです。
あの二段ベッドのシーンがどう映像化されるのか、今から楽しみで仕方ありません!!

TMC ザゼンの向井さんや荒川良々、クラムボンの原田さんがゲスト参加してるし、かなりいいアルバムになってます☆
私は魂の中で一番好きなアルバムかも。 15曲+コント10個で合計25入っていてかなりお得な感じです。
歌もコントも独特でホント楽しい。 魂の曲も歌詞も覚える気がなくても覚えてしまうくらいインパクトがあって気がつけば頭の中で曲が流れてる。 
単純な感じのに思えるけど特別ストレートな歌詞といいメロディでホントにいいアルバムです。
聴いてるだけで楽しくておもしろくて笑顔になります

NHK特集 シルクロード デジタルリマスター版 DVD-BOX 1 第1部 絲綢之路 とうとう買ってしまいました。
中国にまだ旅行者が自由には入れなかった時代の今は失われつつある趣のある美しい現地の映像がたっぷりと楽しめます。

でもちょっと残念なのはデジタルリマスターとあったけど、画像があまり綺麗じゃないように思えます。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆画像の森◆

today:011 yesterday:031
TOTAL:21200