9月
08

(3年ほど前の koh君の連載コラムです)

野鯖とクラン戦との違いは何なのでしょうか。

「いくら野鯖でフラグを稼げても、クラン戦においてはあまり意味がない。」
という言葉をちょくちょく聞きますが
私の独断と偏見により書かせてもらいますと、
それはある程度のレベルからの話であり、むしろその「スキル」こそが
それ未満のレベルでは重要になってくるのだと思います。

野鯖においてフラグを稼ぐために必要なコトとは

・有利ポジションを知っている
・敵の位置を把握している
・ハイエナプレーが得意
・AIMの精度がいい
・投げモノの知識がある

他にも挙げればたくさんありますが、どれも試合では重要な「スキル」です。
野鯖ではハイエナは嫌われるプレーですが
試合では1人の敵を複数で攻撃するのはとても重要なことです。
野鯖で大体スコアがいい人は個人スキルも高いはずです。
まあ一概にそうとは言えない時もありますが・・・。
野鯖で強くなればクラン戦でも強い、と言いたいのではありません。
少し脱線しましたが、つまり何が言いたいのかといいますと
野鯖と大差ないクラン戦においては、個人スキルが勝敗を決めるということです。

野鯖とクラン戦の一番の違いは、「仲間」がいるかいないかです。
野鯖において味方のカバーやクリアリングを期待することは自殺行為でしょう。
野鯖ではそういったことは基本的に1人でやるはずです。
調子が悪かったら撃ち負けるレベルです。
クラン戦でも同じコトをやっているようでは、それはまだ野鯖レベルです。
「仲間」がいるクラン戦では「1人分以上の働き」を心がけないと
それはクラン戦ではないのです。極論すぎますが・・・。
具体例を挙げますと、
1人でクリアリングする際敵のいそうな場所に照準を向けたときに
別の場所は見ていないことになります。
そこに「仲間」の存在が加わると、1人がクリアリングしている間
別の場所をもう1人が見つづけることが出来ます。
すごく簡単な例ですが、これが「カバーリング」です。
このほかにも1人の敵を2、3人で攻撃することや
撃ち合っている間に投げモノを投げることがクラン戦です。

シリーズ最後の一言:クラン戦のことなら俺に聞け!彼女募集中なの!

次回、クラン戦での動き方。

Category: コラム
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
One Response
  1. [...] 第1回:野鯖とクラン戦との違い 第2回:マウスとパッド 第3回:クラン戦での動き方~その1~ [...]

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>