Blog Archives

10月
12

よう。豚やろうども。

ところでお前ら。demoはちゃんと見てるか?

demoはかなり動き方の参考になるから見て損は絶対ないぞ。

しかし残念なことにCSOは見れないというかdemoを録画すらできないらしいな。

1.6を持ってるやつの特権ってことだな。

さて、本題に入るぞ。今回は前回の続きでCTの動き方(詳細編)だ。

前回といっしょで今回もdust2のAポイントのCTを例に挙げて説明していくぞ。

まずこの配置を見ろ。

de_dust2_ct_la

前回のおさらいを簡単にすると、守り方のコツは、

2つあるボムサイトへのルートのうち一方を重点的に守り、もう一方を手薄に守ることだ。

上の配置だと階段から入らせる形になるな。まずこの配置のつき方から説明するぞ。

―Aトンネル側の配置取り

この配置につくには敵のAトンネルからのラッシュを止める必要がある。

リスポーン位置によっては敵の方が先にAトンネルを突破することができるからだ。

手段はいくつかあるが、ここではHEを投げることにする。

Aを守る3人でAトンネル付近のスペースを取りに行くんだ。

ラウンドがスタートしたらAを守る3人のうち、CTベースからAロングへの坂道に一番近い奴

こいつが速攻でAトンネルへHEを投げに行け。

de_dust20007

この位置から直接HEを投げろ。

投げたら坂下に入るなり、前へ進むなりしてAトンネル前の広場を制圧するんだ。

足音が聞こえたらここで撃ち合うのもアリだ。その時はひたすらAトンネルへ向けて連射だ。

ただし、後述する後続のCTのカバーHEやFBが来ることが前提だ。

逆に坂に近くない位置にリスポーンした場合は、絶対に直接Aトンネルをのぞきこんで投げるなよ。

まぬけに振りかぶってるところをヘッドショットされて終わりだ。

de_dust20004

そういう奴には、この位置から助走をつけて壁に反射させて投げるのをおすすめする。FBでもいいかもな。

先頭の奴の報告次第で切り替えろ。ただし相手がエコの場合は絶対HEを投げろ。

目的はAトンネルラッシュ阻止だ。敵が来なくても毎ラウンド投げるんだ。

ただ、リスポーン位置によってこの方法での配置取りは失敗する場合があることも頭に入れておけ。

いくら自分だけAよりにリスポーンできたとしても後続の2人がBよりのリスポーン位置だった場合、どうしてもカバーが遅れてしまう。

そういうときは無理にAトンネル重視で配置につく必要はないぞ。

階段攻めへの対応

これから説明するのは敵が攻めてきてからの戦い方だが、その前に絶対に知っておいてほしいことがある。

それはFBの使い方だ。

FBは敵を足止めさせることができるが、もちろんダメージを与えることはできない。

使いどころを間違えると、重要な時に投げ返すFBがなくなるから注意しろよ。

基本的には、FBを使うときは敵をたおすときだ。

FBをくらって真っ白になっている敵をたおすんだ。

敵を見たら条件反射的に投げものを投げている奴いるだろう。

そこで敵にFBを喰らわせることができたとしても、逃げられて終わりだ。

その時点でCTの貴重なFBが1個減ったことになる。

じゃあどこでFBを使うか。これを考えながら以下の説明を聞けよ。

Aトンネル重視の配置に無事つけたら、次は階段から敵が攻めてきたときの戦い方を教えるぞ。

2人がAトンネル付近で配置についているとき、

もう1人のCTは退き目で階段から来る敵を見るのは分かっているな。

d2_cat

こんな感じで敵を確認したらすぐに逃げられる配置につくんだ。

当然敵が投げもの無しでゆっくり出てきた場合は、1人目をヘッドショットできるくらい集中して見ておくんだ。

AWPが使えるなら敵にとってこの配置はかなり脅威だ。

この配置で敵が攻めてきたとき、まずこいつがやるべきことは、その攻めが本攻めかどうかの判断だ。

敵を見たらすぐ逃げろとは言ったが、その瞬間「階段来た!」とだけ報告して隠れるなよ。

階段を退き目で守っているということは、階段は敵にあけわたしているということだ。

1人で階段まで侵入してきているかもしれない。こっちの配置確認も兼ねてな。

上で説明したAトンネルに投げるHEは強力だが、敵にこちらの位置を教えてしまう欠点がある。

敵からすれば、AトンネルにHE3個の爆発音が聞こえたら、その瞬間は階段は手薄だと分かってしまう。

この隙に階段手前にまで詰められている可能性があることを忘れるなよ。

本攻めかどうかの判断をどうつけるかだが、投げものの量敵の侵入位置だ。

こればっかりは経験になるんだが、階段に木箱があるだろう。上で挙げた3つの配置で見ている場所付近だ。

ここら辺で敵がうろちょろしている感じだったら偵察の可能性が高いだろう。

投げものも投げる必要はないぞ。

これから説明するのは、大量のFBと同時に敵が階段から攻めてきた場合だ。

敵を倒すポイントは下図の赤い範囲だ。

重要なのは味方がここで敵を倒す構図を共有できているかだ。

つまり、敵のFBをくらってもFBを投げ返してこの範囲以上に絶対敵を進ませるな。

ここは無理してでも撃ち合うポイントだ。

何度も言うが、ここを交戦ポイントにして撃ち合うことを味方全員で理解していろよ。

d2_a_ct

まず階段を守っているCTは返しのFBを投げろ(下図)。

d2ct_cat_fb

Aトンネルよりの配置のCTは1人階段CTのカバーに入れ。

カバーFBの位置はここらへんだ(下図)。この投げ方はちょっと練習がいるかもな。

要は上で言った赤い範囲内にいる敵に有効なFBを投げろよ。

d2ct_cat_fb2

さらに報告を受けたB側のCTも1人、CTベースから駆けつけてカバーに入れ。

こいつのカバーFBの位置はここだ(下図)。緑の箱にFBをあてればカバーFBになるぞ。

d2ct_b_cover

Aトンネルから1人カバーについたCTが見る位置はここがおすすめだ(下図)。

d2ct_xf2

この位置は、階段CTの撃ち合うポイントと重ねることができるぞ。

重要なのはFBで白くなっている間に、交戦ポイント内にいる敵をたおすことだ。

時間にすればほんの数秒だが、この数秒の間にラウンドの勝敗が決まる。

メイン武器の弾が切れたら、セカンダリに切り替えてでも敵を倒しに行けよ。

おれの中では、この数秒の重要な時間をメンバー全員が共有できているクランが強いクランだ。

「今がその時だ」と分かる奴が何人いるかでクランの強さが決まるものだと思っている。

まぁ今回はこんなところだ。

重要なのはFBの使い方と戦況の読み方だな。

FBはただ普通に投げるだけでも効果があることを忘れるな。

敵にかわす動作をさせるだけでも、撃ち勝つ確率はグンと上がるぞ。

次回はこのFBについて教えてやろう。

じゃぁな。

9月
29

また会ったな豚野郎ども。

ちゃんと毎日BOT1000killしてるだろうな?

今日お前らに教えるのはCTの動き方だ。

まず今から言う3つを300回復唱しろ!

  • 勝算がある限り撃ち合うな
  • FBを温存しろ
  • 味方の位置を常に意識しろ

300回終わったか?そしたら栃木県の方角へ向かって土下座しろ。

なに?栃木県ってどこですか、だと?

この都会人かぶれのくそやろーどもが!

ココだココ!ちゃんと関東に入ってるだろうが!

tochigi_love

その腐った脳みそに叩きこんどけ!

分かったら復唱した3つをそれぞれ説明していくぞ。

―勝算がある限り撃ち合うな

これは前回も言ったが、T1人とCT1人の命の重さは同じじゃない。

2つのボムサイトを分散して守ってるCTに対し、Tは5人で攻めることができるのを忘れるな。

クズみたいなお前が無鉄砲に突っ込んでやられたら、残りのメンツでお前の尻ぬぐいをするハメになるんだ。

―FBを温存しろ

まぁこれも上で言ったのと同じことだな。

後先考えず投げてたら重要な時に投げれなくなるぞ。

「重要な時」ってのがいつなのかは後で教えてやる。

―味方の位置を常に意識しろ

これはもっとも重要だな。ただ1番難しい。

同じポジションを守っている味方の位置は完ぺきに把握しておけ。

できれば敵が攻めてきたときにどう動くかも聞いておけ。

忘れがちなのが、もう一方のボムサイトを守っている味方の位置だ。

カバーに行くタイミングも味方の位置から判断しろ。

これはまた別の回にじっくり説明してやろう。

————————————————————————————————————————————————–

よし。前置きはここまでだ。この3つを頭に入れてからこの後の話を聞けよ。

CTの守り方のコツは「1か所わざと手薄なルートを作れ」だ。

ほとんどのクラン戦公式マップではテロリストベースから1つボムサイトへ通じるルートは2つ用意されている。

たとえばdust2はAポイントへ行くのに、Aロングと階段の2つのルートがあるだろう。

バカみたいにC4設置ポイントだけを守っていたら挟み撃ちに合ってあっという間に1ラウンド落とすことになるぞ。

基本配置はこんなかんじだ。

de_dust2_ct_la

de_dust2_ct_cat

1つ目の配置はAトンネルの扉から攻めてくるルートを重点的に守っているのに対し

2つ目の配置は階段を攻めるルートを重点的に守っている。

気付いてほしいのは、手薄にしているルートを守るCTはすぐに他の2人と合流できる位置にいるということだ。

合流できる位置=投げ物で援護できる位置だ。常に3人で戦うことを心掛けろ。

今回はこんなところだ。

本当はまだまだ言いたいことが山ほどあるんだが。

かなりぼんやりと説明してやったからイメージしやすかっただろう。

次回は上で言った配置の具体的な守り方を教えてやる。

おっと。今回教えてやったCTの配置。この考え方は配置に限らず色々な事に応用できるぞ。

詳しくはまだ教えてやらないが、CSは陣取り合戦みたいなものだからな。

マップ全体を頭でイメージしながら試合ができるようになると、ちょっとはチームに貢献できるんじゃないか?

Category: コラム  5 Comments
9月
21

1337

ついてこい。クソ野郎ども。

久しぶりだな。kohだ。
おれが長く休んでいた間にCSOとかいうクソゲーが出たらしいな。

↓のコラム読んでて必死すぎて笑えるwww

4年前は若かったな。だが今のおれは違うぞ。

Xqのうんこ野郎ども。

クラン戦での動き方を教えてやるから覚悟して聞くんだな。

教えるのは、おれが今まで経験して自分なりに吸収し「常識」として持っている知識だ。

おまえら豚野郎どもは豚なりにそしゃくし、吸収するんだな。

間違っても鵜呑みにするなよ。

クラン戦での動き方といっても色々あるからな。とても1回じゃ伝えきれない。

たとえ内容を詰め込んで知識を教えたとしても、お前らみたいな低能なクズの腐った脳みそには覚えられないだろうな。

そんなわけだから今回は「その1」とした。

少しずつ知識を小出しにしていくから1回ずつ吸収していけ。感謝しろよ。

今回教えるのはテロリストの動き方だ。

おまえらテロリストらしく行動してるか?

重い荷物持ちながら横断歩道渡っているおばあちゃん助けてないだろうな?

噛んだガムをちゃんと紙に包んで捨ててないだろうな?

スピード違反で警察に捕まったらおとなしく切符切られてないだろうな?

今回はそう、この忌々しい警察をいかに出し抜くかをお前らに教えてやろう。

―いやらしいテロリストを心掛けろ

今、インリン・オブ・ジョイトイを想像したやつ。dust2をTベースから時計回りに100周してこい!

まぁ下等なおまえらの事だ。ピンと来ないだろうから具体例を出してやる。

たとえばXqにはdust2のテロリスト側の作戦で”ベーシック”というものがあるだろう。

Aロング2人、キャット2人、B1人で展開し、相手の動きを見るアレだ。

まずこの作戦の目的は”情報収集”だ。Bに行くやつに焦点を絞るぞ。

まずラウンド開始後Bトンまで行き、CTが上がってこないか確認するだろう。

そしてCTが上がってこなかったらそのままBトン階段を下りてセンターへ行くだろう。

まぁ確かに妥当っちゃあ妥当だが。

お前らそんな安全策取ってて楽しいか?そんな隙間的生き方で人生楽しいか?

もし変わったことをしてみたいと思ってるなら、

とりあえずラウンド開始後BラッシュのノリでBへFB投げ込んでみろ!

もしリスポーン位置がBに近かったら下の画像のように、思い切ってのぞいてみろ!
de_dust20000de_dust20001

うまくいけば配置につく前のCTを倒せるぞ。ただ、重要なことを1つ言っておく。

マジ撃ち合いはするなよ。

上の画像だとしゃがんでしまっているが、立った状態でいいぞ。

あくまでも目的は情報収集だからな。味方が近くにいない場合は特にだ。

CTが見えたら2,3発撃って仕留めそこなったら逃げろ。

まぁ出てくる相手に打ち勝つ自信があるならしゃがんでてもいいがな。

もし出てこなくても箱を壁抜きしてみるとか、わざと足音をたててみるとか

「Bトンに1人以上いる」と相手に思わせろ。

もちろんこっちの存在をバラしたらすぐその場から離れろ。

ドアホCTだったらHEやらFBやら使ってくれるだろう。

要はコレだ。投げものを使わせろ。

数発の弾丸で貴重なCTのFBを使わせられればその時点でアドバンテージを得たことになるぞ。

鼻クソ以下のお前らでも動き方次第で十分チームに貢献できるんだ。

de_dust20001dust2で特に効果的なのが階段だ。

もしベーシックでここまで詰めることができたら、
AポイントにFBを投げ入れるなり、ちらっと顔を見せるなり、銃声を出してみたりしてみろ。
山ほどFBやらHEやら飛んでくるぞ。
後でまた階段を攻める時、ほとんど返しの投げものを食らうことなくAに侵攻できるぞ。

  

 

 

 

 

 

まぁ今回はこんなところだな。

 

 

テロリストの場合は動ける範囲で好きなように動いてみろ。

T1人とCT1人の命の重さは等価じゃないぞ。本攻めの前に削れるところは削っとけ。

もし何か質問があったりしたらコメントでも残しとけ。

気が向いたら答えてやる。

じゃあな。精進しろよ。

9月
17

(4年ほど前の koh君の連載コラムです)

あぶなかったです。コラムのはずがCS:SKoh座になるところでした。。。
今回は個人的なことを書きますね。

今私が持っているマウスは
IntelliMouseのOpticalとExplorer3.0,Razerのdiamondbackの3個。
マウスパッドはairpad,surface,steelpad4D,dktPadの4個です。
どちらも買った順番です。
伸び悩んだり、他の人の評判を聞くとすぐに買ってしまうんです。。。
IntelliMouseExplorerはどこにも売ってなかったのですが
どうしても欲しかったので、頑張ってヤフオクで落札しました。
それぞれの個人的な評価を書いていきますね。

まずマウスなんですが、Opticalは小回りが効くという感じです。
慣れてきて調子いいときは当たりまくりでやばいですが
当たらないときは本当に当たらないイメージがあります。
一方Explorerはどっしりとした安定感があります。
数年Opticalを使い込んだ後にExplorerを使い始めたのでそう感じたのかもしれません。
私がExplorerに持っている大きなイメージは
あまり上下にぶれなく水平方向のAIMがしやすいということです。
それに比べOpticalは上下左右に動きまくるといった感じです。
Diamondbackは軽いことが長所に挙げられますが、
持ちにくい、マウスウェアがしょぼい、マウスの左右にボタンがあるが押しにくい
マウスのサイドボタンのキーアサインが簡単にできないなど短所はいくらでもあります。
慣れるのに時間がかかると思います。私はおすすめできません。

パッドに関しては
dktPad < airpad < surface < steelpad4D の順番に滑る印象ですが
またその順番で不安定さも増すと思います。
ソールによってかなり体感が変わりますが・・・。
airpadは安定感もありますし、快適に滑るのでおすすめできます。
surfaceとsteelpad4Dは慣れてくれば使いやすいです。
付属のsteelpadソールは消耗が激しいのが難点ですが使いやすかったです。
dktPadは慣れれば恐ろしいくらい精度の高いAIMができるようになると思いますが
私の場合滑らなさにストレスを感じて、それどころではありませんでした。

いずれにしても、マウスの短所を補う形や長所を伸ばす形で
ソールの有無やパッドの種類(布など)を選ぶといいと思います。
たとえば私の勝手なイメージなのですが
Opticalは滑るパッドとの組み合わせでプレーすると
滑りすぎてたまに力が入ったときに
あさっての方向に照準が飛んでしまうことや
細かい場所を狙うときに定まりにくいなどの欠点があります。
そこで安定感を増すために布製のdktPadに変えてみて
布が滑りにくいようならそこにソールをつける、などといった具合です。

ただ、そんな選ぶほど買えないという人には
使い慣れているものをおすすめするという妥当な結論に落ち着いてしまいます。

Category: コラム  One Comment
9月
08

(3年ほど前の koh君の連載コラムです)

野鯖とクラン戦との違いは何なのでしょうか。

「いくら野鯖でフラグを稼げても、クラン戦においてはあまり意味がない。」
という言葉をちょくちょく聞きますが
私の独断と偏見により書かせてもらいますと、
それはある程度のレベルからの話であり、むしろその「スキル」こそが
それ未満のレベルでは重要になってくるのだと思います。

野鯖においてフラグを稼ぐために必要なコトとは

・有利ポジションを知っている
・敵の位置を把握している
・ハイエナプレーが得意
・AIMの精度がいい
・投げモノの知識がある

他にも挙げればたくさんありますが、どれも試合では重要な「スキル」です。
野鯖ではハイエナは嫌われるプレーですが
試合では1人の敵を複数で攻撃するのはとても重要なことです。
野鯖で大体スコアがいい人は個人スキルも高いはずです。
まあ一概にそうとは言えない時もありますが・・・。
野鯖で強くなればクラン戦でも強い、と言いたいのではありません。
少し脱線しましたが、つまり何が言いたいのかといいますと
野鯖と大差ないクラン戦においては、個人スキルが勝敗を決めるということです。

野鯖とクラン戦の一番の違いは、「仲間」がいるかいないかです。
野鯖において味方のカバーやクリアリングを期待することは自殺行為でしょう。
野鯖ではそういったことは基本的に1人でやるはずです。
調子が悪かったら撃ち負けるレベルです。
クラン戦でも同じコトをやっているようでは、それはまだ野鯖レベルです。
「仲間」がいるクラン戦では「1人分以上の働き」を心がけないと
それはクラン戦ではないのです。極論すぎますが・・・。
具体例を挙げますと、
1人でクリアリングする際敵のいそうな場所に照準を向けたときに
別の場所は見ていないことになります。
そこに「仲間」の存在が加わると、1人がクリアリングしている間
別の場所をもう1人が見つづけることが出来ます。
すごく簡単な例ですが、これが「カバーリング」です。
このほかにも1人の敵を2、3人で攻撃することや
撃ち合っている間に投げモノを投げることがクラン戦です。

シリーズ最後の一言:クラン戦のことなら俺に聞け!彼女募集中なの!

次回、クラン戦での動き方。

Category: コラム  One Comment
9月
06

正式名称 :eXecute Crew
Tag : “teamXq”
設立 : 2009年9月3日(CS1,6では2004年8月)
代表者 : tax
In Game Captain : tax

Web : This Page
IRC : irc.friend.td.nu #Xq-Crew
Roster : Active ?名

募集条件(募集停止中)
・比較的、毎日参加できる方
・向上心のある方
・1.6でのクラン戦経験が半年以上あり、動ける方(投げ物・カバー)
・ボイスチャットができる方(Xqではmumbleを使用しています)
・20才以上の方(一般常識をお持ちであれば、10代可)
※上記項目に該当されない方は、お断りする場合がございます。

連絡方法
・IRC
・当ホームページの掲示板
・ゲーム内で「Xqくkoh」または「Xqくtax」までメッセージ送付

上記のいずれかの方法でコンタクトを取って下さい。

コラム
コラムという形で初心者向けCS講座を書いています。
社会人ですので更新は不定期ですが、できるだけ更新していくつもりです。
リクエストなどありましたらお気軽にコメントや掲示板などへ投稿してください。
CSOコミュニティーのレベルの底上げになればいいと思います。

<< コラム一覧 >>
第1回:野鯖とクラン戦との違い
第2回:マウスとパッド
第3回:クラン戦での動き方~その1~
第4回:クラン戦での動き方~その2~
第5回:クラン戦での動き方~その3~
第6回:FB講座
第7回:クラン戦での動き方~その4~
第8回:小技・テクニック講座~その1~
第9回:小技・テクニック講座~その2~