ゆかな Edit

配役 Edit

コメント Edit

  • 最終回アフレコレポート

    ――最終話の収録後の感想。
    ドミヌーラは他の人と違った意味で背負ってたものが大きかったなと思うんですけど、リモネと逢えて、とっても幸せです。リモネには物語が終末をむかえても、是非幸せになって欲しいなぁと思いました」*1
    ドミヌーラは性別を選ばないことの重み、意味に一番近い所にいたシヴュラだったのではないでしょうか。とにかくリモネと出会えて、添い遂げられたことは、なによりの幸せです」*2
    ドミヌーラは最初、オナシアとは違う意味でですが、性別を選ばないことがどういう意味をもつかみたいなところに、いちばん近いシヴュラだったかなと思います。それについて悩んだりとか、自分でしたいこととか、いろいろ背負ってたものが重すぎたのかもしれません。でも最終的にリモネと添いとげられたので、私はとても幸せです。リモネには幸せになってほしいなと。ドミヌーラは「我が人生に悔いなし」だと思うけど、リモネドミヌーラを愛してくれたリモネに、これからは自分のために生きてほしいと思った最終回でした」*3
    ドミヌーラはいろんな意味でオナシアとは違うところで性別を選ばないことの重さを感じていたシヴュラだったなと。それについて悩んだり、自分のしたいこと、しなくてはいけないことに翻弄された役だったなと思っています。 リモネと出会えて、添い遂げられたことが幸せでしたが、可愛いリモネには幸せになってほしいなと思った最終回でした」*4
    ――印象に残ったこと、またはやり残したこと。
    「一話二話で出てきたエリーエリフになって…まさか最終話でエリフが出てくるは…。ドミヌーラが旅立ってから、ちょこちょこ一言二言他の役もやってたんですけど、最終話では4人も揃ってしまって…貴重な体験になりました(笑)。普段は男性の役をやる機会がないので、みんなでおじさんをやるのが楽しかったです」*5
    「ガヤでなかなかできない役をできたことが楽しかったです」*6

リンク Edit


*1 「ドキッ!?女だらけの卒業式?シムーン最終回アフレコレポート」『とれたて!ほびーちゃんねる』(2006年9月21日(木))
*2 「スタジオは女性だらけ! TVアニメーション『シムーン』最終話アフレコスタジオよりキャストコメント到着」『アニメイトTV Web』(2006年10月5日(木))
*3 「ついに衝撃のクライマックス! 『シムーン』最終回アフレコ」『web Newtype』(2006年9月26日(火))
*4 「キャスト陣はすべて女性! テレビアニメ『シムーン』最終話アフレコ取材レポート」『ゲーム情報サイトeg』(2006年9月21日(木))
*5 「ドキッ!?女だらけの卒業式?シムーン最終回アフレコレポート」『とれたて!ほびーちゃんねる』(2006年9月21日(木))
*6 「スタジオは女性だらけ! TVアニメーション『シムーン』最終話アフレコスタジオよりキャストコメント到着」『アニメイトTV Web』(2006年10月5日(木))

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 13 Aug 2009 16:18:18 JST (3044d)