高橋(たかはし) 理恵子(りえこ) Edit

配役 Edit

コメント Edit

  • 最終回アフレコレポート

    ――最終話の収録後の感想。
    「まだ、ほんとに26回もここに通ったのかなぁ…っていう気持ちですね。テレビの放送を見ているうちに、だんだん、私自身も面白くなってきてハマりながら見ていました。アフレコの現場も楽しかったです」*1
    「26回ここに通ったのかなぁと思ってしまうくらい、理解するのが難しい作品でした。TVのオンエアを見るにつれて、私自身だんだん面白くなってきましたね。つられるようにとても楽しいアフレコでした」*2
    「ホントに26回もこのスタジオに通ったのかなという気がしています。TVのオンエアで『シムーン』を見ているうちに、私自身でもおもしろくなってきて、この作品にハマってしまいました。とても楽しかったです」*3
    「ほんとうに26回ここに通ったのかな?という気がしています。 私自身テレビの放送を見てだんだん、面白くなってききていて、最近ハマっています。とても楽しいアフレコでした」*4
    ――印象に残ったこと、またはやり残したこと。
    「私の演劇人生で、そのまま生きていったら絶対出会わないような方達と、一度にたくさん出会えて、それがとっても刺激にもなりましたし、声優さんっていうお仕事のプロフェッショナルさを感じました。皆さん、瞬く間に一人何役も演じ分けられていて、それを楽しんでやっているっていうのも驚きましたし、私もネヴィリルとは別に、艦乗要員Aっていう役もいただいたんですけど、テレビで見たら、ネヴィリルのまんまで…、自分の引き出しの少なさに驚いたんですけど(笑)。そういう演技の面でもとっても刺激になりました。素敵な男性役の方達も居ましたし、新しい自分の感覚の中で、楽しんでやるっていう事が芽生えたような気がします」*5
    「普段出会わないような方たちと共演できて刺激を受けました。声優のプロフェッショナルな技に触れることが斬新であったし、新しい感覚を覚えた場所でもありました」*6
    「あと、私の演劇人生の中で、このまま行ったら一生出会わないような人たちと一度にたくさん出会えて、それがとてもおもしろかったです。声優さんという仕事のプロフェッショナルな部分を見られて、ビックリしましたし、そういったところが演劇的な刺激になりました。お疲れさまでした」*7

リンク Edit


*1 「ドキッ!?女だらけの卒業式?シムーン最終回アフレコレポート」『とれたて!ほびーちゃんねる』(2006年9月21日(木))
*2 「スタジオは女性だらけ! TVアニメーション『シムーン』最終話アフレコスタジオよりキャストコメント到着」『アニメイトTV Web』(2006年10月5日(木))
*3 「ついに衝撃のクライマックス! 『シムーン』最終回アフレコ」『web Newtype』(2006年9月26日(火))
*4 「キャスト陣はすべて女性! テレビアニメ『シムーン』最終話アフレコ取材レポート」『ゲーム情報サイトeg』(2006年9月21日(木))
*5 「ドキッ!?女だらけの卒業式?シムーン最終回アフレコレポート」『とれたて!ほびーちゃんねる』(2006年9月21日(木))
*6 「スタジオは女性だらけ! TVアニメーション『シムーン』最終話アフレコスタジオよりキャストコメント到着」『アニメイトTV Web』(2006年10月5日(木))
*7 「ついに衝撃のクライマックス! 『シムーン』最終回アフレコ」『web Newtype』(2006年9月26日(火))

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 13 Aug 2009 16:18:25 JST (3045d)