昔話、因幡の白ウサギ、こぶとり爺さん、花咲か爺さん、かちかち山、桃太郎

紙芝居 因幡の白ウサギ、こぶとり爺さん、花咲か爺さん、かちかち山、桃太郎など

no.1

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

                     |今までの訪問者数 |今日の訪問者数 |昨日の訪問者数 |
                      a:2512      t:1       y:0

第1話   因幡の白ウサギ

no.1  ある晴れた日に

沖を眺めるウサギ

音声はここから

 ウサギはぴょんぴょんとび跳ねながら、毎日元気に、あちこち動き回って遊んでいました。ある晴れた日に、いつものようにぴょんぴょん跳ねて、海岸の方に来ると、海の向こうに 青々と草の生えている島が見えました。もうこの辺は全部ぴょんぴょん飛び回ったので見飽きてしまった、「ああ、あの青々と草の生えた島に行ってみたいなぁ」と思いました。↓↓

no.2はここから



a:2512 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

桃太郎